集中して行うことがコツの戸建の大規模修繕工事

我が国の戸建住宅には最近、鉄骨あるいはコンクリート造りが増えてきたとはいえ木造家屋が殆どですから、普段から紫外線や風雨などに曝される屋根や外壁あるいは床下の腐食防止対策を講じていないと寿命が早く来てしまいます。従って、建売住宅ならいざ知らず、建築費用の掛かった注文住宅を建てたのであれば入居後、ハウスメーカーのフォローアップサービスによる定期点検工程表に従って建物内外の点検を行い、専門家の忠告があって必要と判断したら大規模修繕工事を予防保全的に実施することが住まいの寿命を延ばす秘訣といえるのです。そのための費用も数百万円単位になるはずなので、平素から計画的に積み立てておく方が家計にとっても楽です。急な出費に余裕がなければ予防保全的にやるべき工事を行うタイミングが遅れることになり、同じ金額をかけて大規模修繕工事を行った場合、早めに行った方が寿命を延ばす効果が大きいことを知っておくことです。また、工事を何回かに分けると1回にまとめて行う工事よりも費用が却ってかかってしまうことも知っておきたいことです。

マンションの大規模修繕工事

分譲マンションは、法律で、将来、大規模修繕工事を行うことが定められています。大規模修繕工事の費用は、毎月支払っている管理費、修繕積立金で賄われます。戸数が少ないほど、1世帯当たりの負担は、大きくなります。外壁やエレベーターなどの修理が行われます。分譲マンションを購入する時は、管理費、修繕積立金が、毎月いくらかかるかは、説明されます。どの分譲マンションも、他社と競合になることを考えて、最低限の金額を設定しています。ほとんどの場合が、新築購入当初の管理費、修繕積立金の金額は、年々上昇します。それは、将来の大規模修繕工事に備えて、お金を蓄えなければいけないからです。大規模修繕だけでなく、日々の管理にかかる費用、天災による修理費用などもかかってきます。マンションを購入してら、管理費、修繕積立金は、必ず値上がりすると考えて購入しましょう。

大規模修繕工事の修繕積立金について

マンションなどに住んでいると数年に一度、大規模修繕工事を行います。そのために家賃や住宅ローンの他にマンションの管理費や修繕積立金といったものも毎月支払わなければなりません。では修繕積立金とはいつ使われるのか。それは、建物の劣化や破損などで大規模な工事をしなければいけないとき、例えば外壁の塗り替えやエレベーターをつけるなどのときの為毎月少しずつ積み立てていきます。このお金は賃貸でも、住宅ローンを完済したあともそこに住み続ける限り一生かかります。基本的に管理組合はこの修繕積立金で賄える範囲で大規模修繕を行いますが、所により足が出たぶんを世帯数で分割するそうです。修繕積立金は場所や管理組合によって異なりますがだいたい一万円から二万円前後のようです。やはり、マンションは集合住宅なだけに沢山の人が住んでいるので住人の安全を守るためには、多少の積立金も仕方ないのかなと思います。

アフターサービス専門チームによる徹底フォロー! 他社と施工費用が比較できるように、料金は公開しております。どうぞご検討ください。 マンションやビルの修繕を主に取り扱っておりまして、100年、建物が持つように支援させていただきます。 我々は、お客様の為にお値段を一円でも安くしておりますので、一人でも多くの方に使って頂けたら光栄です。 大規模修繕工事は当社にお任せください