人工芝で夏の節電の参考に

今は春ですが日本を襲ったある出来事により1年を通して節電と自らの生活の見直しが必要となっています。しかし春が終わって次にもっとも電力を使うのが7月から8月の炎天下になる夏です。今年の夏もまた節電が求められ我々もまたそれに挑戦しなくてはなりませんがそれにおいて2年から3年においてその夏場を出来るだけ快適に過ごせるように役に立っているものがあります。それが今回のテーマである人工芝になるのです。この人工芝を利用する大きなメリットとして挙げられるのは大きく分けて3つあります。まず人数と建物の大きさを問わず誰でも簡単に行えるものであることが1つ目です。

2つ目は本格的な夏により熱い空気と熱が壁に照らされたとしても屋上に張り巡らされた人工芝による太陽熱の遮断と断念です。そして3つ目は建物の温度を下げるというのは部屋に入ってくる風も幾分か下がって入っています。また住宅地になるとプライバシーの問題上により難しいのだがこの人工芝を引くと先にも言った太陽からの光の遮断以外に太陽光で暖まった建物を冷やしてくれる手助けをしてくれるのです。人工芝システムを利用したヒートアイランド現象の抑制なんかも今では出てきてます。

先にも言いましたが現在は1年問わず節電が求められていますがなかなかそれを継続していくのは難しい問題でもあります。しかしだからこそ我々が最低限できることでこれを乗り越えていかなければならないのでそのためにもこの壁面緑化を推し進め来るべき夏の節電に役立てていってほしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*